• 長野県安曇野市の税理士 経営者困り事相談所 親切・丁寧・誠実をモットーに貴社の事業を全力でバックアップします! 税金の相談なら寺坂誠税理士事務所

個人事業主と確定申告と税理士と~人個人事業主の確定申告の仕方~

税理士が個人事業主と税理士との関わり方について解説します。

特に、確定申告だけできればいいという方を対象に記事を記載しています。

従って、売上が1,000万近辺の事業主様を対象に記載しています。

確定申告だけではなく、事業を成長させるために税理士が必要だという方は、又別のお話になりますのでご了承ください。

1 そもそも論。税理士がいなくとも確定申告はできる。

個人事業主として開業し、所得が発生すれば、確定申告をし所得税を納める義務を負います。

しかしながら、確定申告は税理士に頼まないといけないという義務はありません。

自分で会計処理をし、申告書を作成できれば、自分で確定申告できます。

この辺は簿記会計・税務の知識によって個人差があるでしょう。

まずは、大前提として、自分で確定申告できる。これを押さえておきましょう。

2 個人事業主の確定申告の仕方 ①会計ソフトを利用 自分で申告パターン

ある程度簿記会計・税務の知識がある方向けで、会計ソフトを購入して入力する方法です。

そして、税理士・税務署に頼らず申告書を作成し、提出するコースです。

難易度は高くなりますが、その分コストパフォーマンスは高めで、税理士や税理士・税務署との付き合いに時間を割く必要もありません。

当然、ソフトの購入代金が掛かりますが、1万円くらいで購入できます。

しかも、申告書迄作成でき、電子申告に対応しているものもありますから、コストパフォーマンスも高いと思います。

事業規模、業種にもよりますが、簿記の知識はあった方が入力はうまくいきます。

ただし、初年度は、慣れるのに大変ですね。

書籍を読んだり、場合によっては指導者に指導してもらう事も必要でしょう。

各会計ソフトのヘルプも役に立ちます。

手間暇はある程度かかりますが、これは、コスト重視なので仕方がありません。

このケースですと税理士との付き合いはあってもスポットになるでしょう。

スポットでのお付き合いですので、一回の相談の単価は高くなりがちですが、トータルで見れば費用は抑えられることが多いです。

又、税金で困ったことがあれば、税務署へ相談へ行ったり、無料のコールセンターを利用するという方法もあります。

税理士会の無料相談会という方法もあります。

ちなみに私の一番のおススメは弥生会計ですね^^

3  個人事業主の確定申告の仕方 ②会計ソフト+税理士・税務署

上記2では、自力で会計処理を行い、申告書を作成しますが、初めて確定申告する方は自分の処理に不安があるでしょう。

又、自分で申告書を作成しても、やはり最後は税理士に確認してもらいたいという方もいるでしょう。

そのような場合、下記の方法が考えられます。

①期中は自分で会計処理をし、出来上がった試算表(決算書のようなもので売上・費用が集計され、資産・負債の明細が載っているもの)と青色申告決算書、確定申告書のチェックを税理士又は税務署の無料相談会でチェックしてもらいます。

費用は税理士は千差万別です。税務署の相談会は無料ですが、待ち時間があり、その場でチェックするので、申告書があっているかどうかというだけで、経営相談などはできません。

②期中から定期的に税理士に監査してもらう。

こちらは、初めは自分で確定申告をするのですが、将来的には事業を成長させたいという方向けです。

 当然コストはかかるのですが、将来的に、法人成をしたり、事業を成長させたい場合には定期的に税理士に相談する事で、税理士に払う報酬以上のものを得られることができます。

ただし、申告だけできればよいという方は基本的には不要ですが、1~2年は税理士に監査してもらい、自身ができたら自分でやるという方法も可能だと思います。

4 個人事業主の確定申告の仕方 すべて丸投げ

これは、税理士に経理処理を丸投げする方法です。

当然コストは高く、規模にもよりますが、最低でも10万以上はかかるでしょう。

しかしながら、経理に手をかける時間が節約できますし、会計ソフトも購入しなくて良い。

あれやこれやと、会計処理や税務処理に頭を悩まされることなく事業に集中できます。

仮に、20万支払ったとしても、その分1年間事業に集中できるのでその分の売り上げは上がるのではないでしょうか?

良い税理士さんに巡り合えばこの方法がベストだと思います。

(何か、税理士の宣伝になってきました(^^; ただ、事業で成功をしている人を見ると、専門分野は他人に任せている方が多いんですよね…もちろん、自分で簿記会計税務の大事なところを押さえておくことは大事です。)

5 裏メニュー 税務支援フルコース

税務署で、小規模事業者を中心に、税務支援を行っています。

手間暇はかかりますが、無料で済ますことができます。

①記帳の仕方が分からない方→記帳指導という制度があります。

②税金で困った方→税理士会の無料相談、国税庁のフリーダイヤル、各税務署の窓口で相談などできます。

又、各税理士は初回相談無料という事が多いです。

かくいう私も…

③12月ごろから青色申告決算書の作り方という研修会があります。

 (私も昨年講師として参加しておりました。)

④確定申告時期には税務署で確定申告の無料相談会があり、出来上がった申告書の検算や相談などを依頼できます。

6 あまりおススメしない方法

その他、昔ながらの手書きで記帳、紙提出という方法があります。

これはありとあらゆる面からおススメしません。

令和2年度から、青色申告特別控除は電子申告等の要件を満たさないと55万になってしまいます。(一定の要件を満たすと65万控除となります。)

もちろん、ごく小規模の事業者様であれば、大丈夫かと思いますが、仕訳数がある程度あるのであれば、手書きはおススメできません。

非常に労力がかかりますし、正確性もイマイチです。

(もちろん、手書きが好きな方はそれでよいかと思います。私なりの見解です)

又、青色申告特別控除の65万要件はBS(貸借対照表)の添付が条件ですが、手書きで複式簿記に基づき貸借対照表を作成するのはかなり大変です。

7 結論

結局、自分にあった確定申告の仕方を選択するのがベストですね。

それを見つけるのが大変だと思いますので、身近に自分がどの方法で申告したらよいか相談できる税理士がいると良いですね!

今後も、状況に応じてどのような申告をするのがベストかを記事として記載していきたいと思いますのでご期待ください。

長野県安曇野市・松本市近辺の方であれば、事務所にお越しになれば、無料で相談に応じます。ご活用ください。

※免責事項 損害等の責任について

本記事は執筆時現在の法令に基づき記載されています。
法令の改正によって、本記事とは異なる課税関係となる場合がございますのでご注意ください。
又、税金は、個人の状態により異なる課税関係となる可能性がありますので
実際の適用に当たっては、専門家に相談し慎重な判断で行って下さい。
さらに、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。